韓国でスマホ紛失が年28万件

悲鳴上げる保険業界

 


昨年5月、世界的なセキュリティ会社であるシマンテックが、興味深く、同時に衝撃的な実験結果を発表した。スマートフォン(スマホ)を拾った人がどのような行動を取るかを調べた実験だ。米国のニューヨークやワシントンDC、サンフランシスコの町中にスマホ50個を置いておき、拾った人がどうするかを調べた。

 

50人のうち44人は、個人情報と関連するアプリケーションを開き、35人は個人情報を閲覧した。

30人は、はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)や電子メールを調べ、23人はオンラインバンキングのアプリケーションを実行しようとした。また、35人は個人写真のアルバムを見た。実験に使われたスマホ50個のうち半分以上が戻ってこなかった。

今年6月、韓国の江原道春川警察署は「携帯電話の紛失申告が1日平均25~30件だった一方、拾得申告は1日1、2件程度」と発表した。拾ったスマホを届ける人は5%にもならないということだ。

昨年末に警察庁が受け付けた携帯電話の紛失届は、28万件余りに達する。拾得物の届け出が5%程度ならば、26万~27万個はどこかに売られたか捨てられたかということになる。スマホの不法取引が日常茶飯事になっているようだ。

スマホ利用者が増え、紛失や盗難事故が急増している。2009年に約80万人だったスマホ加入者は、最近には3000万人を突破した。警察関係者は、「新型、高価格なスマホが出て、紛失や盗難事故が増えている」と言う。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。