富士フイルムHDが豪州ビジネスアウトソーシング事業買収。ドキュメント事業とのシナジー狙う

富士フイルムHDが豪州ビジネスアウトソーシング事業買収。ドキュメント事業とのシナジー狙う

富士フイルムホールディングスは8月27日、豪州のビジネスサービスプロバイダー最大手サルマット社から、ビジネスプロセスアウトソーシング事業を買収すると発表した。

買収金額は3億7500万豪ドル(約304億円)で、サルマット社の100%子会社であるサルマットドキュメントマネジメントソリューション社(以下、SDMS社)と傘下の11社、およびSDMSの事業をアジア展開するサルマットアジア社の全株式が対象。10月中旬をメドに買収完了を予定している。

SDMS社は、かねてより富士フイルムHD傘下にある富士ゼロックスのオンデマンドプリンター等の顧客でもあり、電気、ガス、通信会社などの請求書の発送代行や、請求書業務の電子化、自動処理といったサービスを展開している。宛名や内容を1通ごとにカスタマイズして印刷する可変印刷で、大量のデータマネジメントを行うソフトウエアにも強みを持つ。

「SDMS社はデータマネジメントや印刷プロセスの効率化といった点で、当社にない高い技術力がある。子会社化することで、オーストラリア国内を中心に展開しているSDMS社のサービスを、当社のマーケティング能力を生かして東南アジア、オセアニア、中国などに拡大していく」(富士フイルムHD)

SDMS社の2012年6月期の売上は3億1600万豪ドル(約256億円)、無形資産償却費控除前の営業利益は4950万豪ドル(約40億円)。

今回のSDMS社買収によって、富士フイルムHDは、傘下の富士ゼロックスが手掛けるドキュメントソリューション事業の一層の強化を目指している。

(島 大輔 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。