〈香り〉はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療 

塩田清二著

〈香り〉はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療 塩田清二著

今、医療現場ではにおいに注目が集まっているという。においでがんの痛みが和らいだり、認知症患者の症状が改善したりといった効果が認められる。難治性の疾患や緩和困難な症状に対する代替補完医療として、メディカルアロマセラピーの研究や導入も進んでいる。

香りの成分は脳にどう作用し、体内にどのように吸収されるのか。神経科学の専門家で日本のアロマセラピーの第一人者が、人間のにおいを感じるメカニズムに加え、香りが人体に及ぼす作用をわかりやすく解説する。

国内でもようやく活用され始めたメディカルアロマセラピーについて、症例ごとに精油の効果・効能に関する最新研究を併せて紹介する。

NHK出版新書 777円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
持ち家が危ない<br>マイホームが「負動産」になる

東京・豊島区で15%の空き家率。空き家はもはや地方都市だけの問題ではない。積立金不足で大規模修繕が進まないマンションも。「負」動産化する持ち家の大問題とその対策を提示。