古河スカイと住友軽金属が統合、世界3位のアルミメーカーに 規模追求で生き残り目指す

古河スカイと住友軽金属が統合、世界3位のアルミメーカーに 規模追求で生き残り目指す

国内アルミ圧延板材最大手の古河スカイと、同2位級の住友軽金属工業は、8月29日、2013年10月に経営統合すると発表した。古河スカイを存続会社とし、住友軽金属1株に対し古河スカイ0.346株を割り当てる。役員構成は両社同数、本社も両社の本店以外の場所に置き、古河も住友も付かない新社名で新スタートする計画だ。

両社を取り巻く事業環境は厳しさを増している。国内では人口減少・高齢化による最終需要の減少、さらに製造拠点の海外移転など空洞化による供給先の喪失がある。海外では東アジアでの競争激化が続いている。アルミ圧延メジャーの攻勢だけでなく、中国・韓国の新興メーカーも台頭している。

こうした環境下ではスケールメリットを追求する必要があると両社は決断。現在、年間アルミ圧延能力は、世界8位の古河スカイが41.2万トン、同12位の住友軽金属が33.8万トンを保有。これに古河スカイのタイ新工場11.5万トン、古河スカイの海外持分で4.3万トン、さらに両社共同で昨年に買収した米アーコ・アルミニウム(現TAA)の32.3万トンをプラスすることで、統合会社は100万トンを超えるアルミ圧延能力を持つことになる。

統合会社は、アルコア、ノベリスに次ぐ世界3位のアルミメジャーとなり、グローバルな供給体制を構築、スケールメリットも追求できるようになる。

今後は、各国での競争当局(公正取引委員会)による審査を受けることになるが、来年4月には合併契約を締結し、同6月の株主総会での承認を得て、10月1日の合併を目指すことになる。なお、住友軽金属は来年9月26日で上場廃止となる予定だ。

古河スカイの岡田満社長(新会社で代表取締役社長兼CEO、写真左)と住友軽金属の山内重徳社長(新会社で代表取締役会長兼CEO、同右)は都内で会見を開き、統合の狙いや意味を説明した。以下は主な質問とその回答。

--合併にあたり両社の大株主の新日鉄(古河スカイ8.23%出資)と住友金属(住友軽金属9.3%出資)の合併は影響したか。

山内:まったくありません。別の動きです。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。