プロ野球「トライアウト」一発逆転勝負の本質

新ルールは挑戦者にどんな影響を与えたのか

18.44mを隔てた戦いは、なぜここまで人の心を揺さぶるのか――。
華やかなプロ野球の世界。活躍した選手には名誉と莫大な報酬がもたらされる。一方で、競争に敗れ、表舞台から去りゆく選手がいる。そんな「戦力外通告」を受けた選手をドキュメンタリーで描いてきたのが、TBSテレビの『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男たち』だ。
12月30日(水)夜10時~に、通算12回目の放送を迎えるこのシリーズ。今年の放送を控え本編に収まりきらなかったサイドストーリーの第2回は、今年からルールが変更された「プロ野球12球団合同トライアウト」について、自身も2012年に挑戦した経験のある元横浜DeNAベイスターズの高森勇旗氏が分析する。
今年の第1回はこちら⇒プロ野球を2度クビになった男がつかんだ宝
今年のプロ野球12球団合同トライアウトは、11月10日に静岡の草薙球場で開かれた1回のみだった

マウンドとバッターボックスの間には、普段あるはずの激しい駆け引きは存在しないように思えた。そこにあったのは、野球人生の集大成を発揮しようとする、お互いの純粋な魂だけだ。そのやりとりをマスク越しに眺める。野球界を去りゆくもの同士の最後の戦いとは、こうも美しいものなのかと、今さらながらなんと贅沢な席で観ることができたのだろうか。

2012年11月、私は「プロ野球12球団合同トライアウト」でキャッチャーマスクをかぶっていた。トライアウトとは、各プロ野球球団から戦力外通告を受けた選手たちが、他球団との再契約を賭けて臨む実戦形式の試合のことだ。

2015年は97人の選手が「戦力外通告」に

山本昌、高橋由伸、谷繁元信、和田一浩、小笠原道大、斎藤隆、谷佳知、西口文也…そうそうたる大物選手達が引退してユニフォームを脱いだ2015年。世代交代の真っ只中で、97人の男が職を失った。

そして、現役続行へ一縷の望みをかけて挑んだ合同トライアウト。2012年当時も含め、昨年までは2回にわたって開かれていたが、今年から1回開催に変更された。

かつてのプロ野球界には、戦力外通告を正式に受ける時期に決まりがなく、それによって再契約の機会を損失する恐れがあるとして、日本プロ野球選手会と球団側などとの協議を経て、2001年に「12球団合同トライアウト」は生まれた。

それまでは、早々に戦力外通告を受けた者は個別に球団と接触し、その球団の入団テストを受けるという流れになっていた。簡単に言うと、クビになった選手は自分で入団テストを受けに行って何とかする、という構造である。

次ページ開催2回→1回への減少は何をもたらすか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。