惨事の村は立ち上がった

台湾大水害から3年

 

 

2009年8月8日、強烈な台風による大規模水害が台湾を襲った。台湾の中・南部では1日で1000ミリ以上の降雨があり、台湾全土で673人が死亡した。

南部の山間地に位置する高尾県小林村では、土石流によって462人が生き埋めになり亡くなった。あれから3年。最も被害を受けた小林村の村民は、廃墟の中から立ち上がり、未来へ向かって歩んでいる。

09年当時、県当局は仏教団体と共同で、復興事業に当たっていた。ところが仏教団体は、屋外で動物の殺生や焼き肉をすることを禁じようとした。少数民族が大部分を占めていた小林村の村民にとって、これは受け入れがたいことだった。

その後、曲折を経て、村民は三つの地区に分かれて住むことになった。「五里埔」「小林二村」「大愛園区」である。就業や就学に関する問題、今後の災害への備えについての考え方など、村民によって事情は違っていた。

村民のリーダー格である蔡松諭さんは、「分かれて住むことに、村民の誰もが無念さを感じています。一緒にいられればどれだけよいだろうかと。でも、ここまで来れば神様のご手配です。五里埔もなかなかよいし、小林二村も新しい文化を生み出しています」と話す。

小林二村に入ると、ヨーロッパを思わせる風景の中に優雅な洋風の家屋が並んでいる。当時住んでいた仮設住宅を残し、今ではパン、木工品、せっけんなどを作る各種の工房がここに入居している。また、料理教室まである。こうしたことを企画しているのは、住民が組織する「発展協会」だ。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。