摩耗知らず!「30年着られる」服が丈夫すぎる

ファストファッションに真正面から対抗

画像をクリックすると動画(英文)ページにジャンプします

ある英国人起業家が、30年間着られるトレーナーを売り出すことで、彼自身が「世界的なファストファッション浪費という恥ずべき行為」と呼ぶ事態に真正面から勝負を挑んでいる。

現代のクリスマスは、過剰消費と浪費の時期である。最も不快な出来事の1つは、善意ある親戚が買ってくれる安くて親しみやすいクリスマスプレゼントが袖も通されないままタンスにしまわれて、12カ月後別のものと置き換えられることである。

縮みを防ぐ独自のシリコン処方

英国人起業家のトム・クリードランドは、この事態を変えたいと考えている。彼は30年着られるトレーナーを作ることによって、これからは品質の悪いセーターを買う必要がなくなる、と話す。

「このトレーナーは、オーガニックコットンと若干のポリエステルを使って作られている。この素材は華やかな感じはしないが、機能的かつ動きやすいうえ、快適に過ごせる。また、このコットンはとても丈夫で非常に重く、1メートルあたり360グラムもある」(クリードランド氏)。

ポルトガルの職人から成る彼のチームは、伝統的な編み方である吊り編みを採用しつつ、縮みを防ぐ独自のシリコン処理を同時に行っている。

次ページ「30年着られる服」の利点とは
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。