SOMPO、メッセージ買収で介護首位級に

大手損保の傘下入りで健全化はできるか

矢継ぎ早の買収で介護業界の首位級になったSOMPOホールディングス

損保メガ3社の一角、損保ジャパン日本興亜(SOMPO)ホールディングスが18日、介護事業大手のメッセージを買収すると発表した。損保ジャパンは現在、メッセージに3.5%出資しているが、TOB(株式公開買い付け)を実施し、連結子会社化を目指す。

メッセージは「アミーユ」などのブランドで有料老人ホームを展開し、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が主力。SOMPOは今12月21日から2016年1月25日にかけて、12月17日のメッセージの株価終値2354円に6.2%分上乗せした1株2500円で創業家から発行済み株式の34.69%を買い付ける。さらに第2弾として、創業家以外の株主を対象として、来年1月29日から、48.7%上乗せとなる1株3500円でTOB(公開買い付け)を実施する。

全株が集まった場合、取得金額は609億円となるが、100%の買収は行わずにTOB後もジャスダックへの上場は維持する方針。6月以降の株主総会において、社名を「SOMPOケアメッセージ」と変更し、代表取締役1名を含む取締役3名を派遣する予定だ。

介護業界で首位級に躍り出るSOMPO

SOMPOはこの12月1日に、居酒屋のワタミから「ワタミの介護」の株式を210億円で取得し、「SOMPOケアネクスト」と社名を改めて再スタートさせたばかり。前期2014年度の売り上げを基準とすると、ワタミの介護(354億円)、メッセージ(789億円)の2社合算で1143億円となり、介護業界で首位のニチイ学館(1443億円)に次ぐ2位に浮上する。なおSOMPOは12年9月には、九州地盤のシダー(107億円)も投資事業有限責任組合を通じて関連会社としており、グループとしては一挙にトップに匹敵する規模を得ることになる。

リハビリなど通所介護に強いシダーに、首都圏中心に中価格帯で施設介護を展開するSOMPOケアネクスト、さらに低・中価格帯で施設、在宅介護を持つメッセージが加わり、フルラインで介護サービスを提供できる態勢が整う。

高齢化の急速な進展を背景として、介護マーケットに対する成長期待は大きい。厚生労働省によると、介護保険給付費は、団塊の世代が後期高齢者となる2025年には、2015年度の2倍の約20兆円に拡大すると見込まれている。

異業種からの参入も目立つ。最近でもイオン傘下のイオンリテールが通所型介護の設置を始め、またローソンがケア(介護)拠点併設型店の拡充方針を示している。保険業界では、東京海上グループが1996年から事業参入しているほか、MS&ADグループ、明治安田生命、ソニー生命を中核とするソニーフィナンシャルホールディングスなどが有料老人ホームなどを手掛けている。

次ページ逆風の只中にある介護業界
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
NOVA<br>七転八起の再生

英会話教室の最大手だったNOVA。「NOVAうさぎ」「駅前留学」の宣伝で有名だったが、2007年10月に経営破綻。地味ながらも復活に至ったが、その再生は七転び八起きの道のりだった。