女友達との相性は「鉄旅」でよくわかる!?

「鉄子」と「非鉄子」の女子鉄ふたり旅

女ふたり旅は京都丹後鉄道の「あかまつ号」から始まった

私には18歳の頃から付き合いのある女友達がいる。彼女はA子。会社勤めだが同じく独身で、昔は国内・海外問わず、よく一緒に旅行していた。特に鉄道好きというわけではない。

そのA子が夏の終わりに「最近寝台列車に興味あって……」と言い出した。「出雲大社に行ったことないんだ」という一言で、私の旅の計画がほぼ決まった。私一人ではまず行かないような女子旅の行程にしよう!

西舞鶴駅で待ち合わせ

この連載の過去記事はこちら

その前に私は富山県をめぐる旅をしていたので、A子とは西舞鶴駅で待ち合わせた。旅の行程は以下の通り。チケットなどは全部私が用意した。

 

 1日目 京都丹後鉄道・西舞鶴駅→天橋立(観光)→豊岡駅→城崎温泉泊
 2日目 JR城崎温泉駅→JR鳥取駅→JR米子駅→JR境港駅(観光)→松江泊
 3日目 JR松江駅→一畑電車・松江しんじ湖温泉駅→出雲大社前駅(観光)→JR出雲市駅(サンライズ出雲)
 4日目 東京駅着

天橋立を訪れるのは私も初めて。これでやっと日本三景全部に行けた。観光船で対岸に行き、ケーブルカーで山の上の傘松公園へ。頂上で有名な「股のぞき」をしてみる。股の間から逆さまに天橋立を見ると、海と空が逆になり、松並木がまさに龍が天に昇るように見えるというもの。

次ページ城崎温泉で外湯めぐり
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。