352万トン--世界の肥満の大人が抱える「ぜい肉」の総量《気になる数字》


 世界の成人人口46億人の総体重(バイオマス)2億8700万トンのうち、BMI(体格指数)が30以上の「肥満」の人が抱える「ぜい肉」の総量は352万トンであることがわかった。ロンドン大学衛生熱帯医学大学院の研究チームが今年6月に発表した(データは2005年時点のもの)。このぜい肉のうち34%が北米、26%が欧州で占められており、日本を含む、人口の61%を占めるアジアはわずか13%にすぎない。

北米では人口の7割以上が「太りすぎ」「肥満」とされ、平均体重は80.7キログラムと、世界平均の62.0キログラムを大きく上回っている。世界中の人が米国人並み(平均BMI28.7)に太ると、総体重は5800万トン増加し、ぜい肉の総量も1879万トンと5倍以上に膨れ上がる。その結果、増えたぜい肉を維持するため、さらに4億7300万人分の食料が必要になると試算している。

逆に、世界中の人が日本人並みの体型(平均BMI22.9)になれば、総体重は1460万トン軽くなり、ぜい肉は25万トンに急減。必要なエネルギー量が減少し、1億0700万人分の食料が節約できるという。

調査報告は、多くの肥満人口を抱える先進国の過剰な食料消費が、食料価格の上昇を誘い、貧しい国の人々に影響を与えていると指摘している。

自身の健康のためにも、世界の健全な公平のためにも、やはり肥満は解消したほうがいい。

(データ事業局・加藤千明 =週刊東洋経済2012年8月11-18日合併特大号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。