あなたにも出来る!社労士合格体験記(第58回)--やはり会っておかなければ・・・

やめて直後の、同年10月の秋華賞では桜花賞、オークスに続いて牝馬三冠を達成したスティルインラブの勝利レースを実況し、全国の競馬ファンから高く評価されました。

退職後は年賀状のやりとりだけでしたが、風の便りでガンに侵されたらしいとの噂が舞い込みました。しかし、治療後はまた復帰して仕事を続けていると聞き、さすが何事にも前向きな広瀬アナと思っていました。

ところが2007年半ばに病状が悪化して、神戸の病院に入院したというのです。ちょうど妻が関西へ出張する仕事があり、私も合流して一緒に見舞いに行くことにしました。

病室に到着すると、抗ガン剤を使用しているせいか、彼はすっかりやせ細っていました。病状はかなり重そうで、話すのもままなりません。それでも意識はしっかりしていて、なんとか私だとわかってもらうことはできました。私も言葉につまってしまい、帰り際に握手をして、「必ず治ってくださいね」と言うのが精一杯。

その後、懸命の闘病にもかかわらず、同年9月26日に49歳の若さで他界されました。悲しくてやりきれませんが、亡くなる前に会えたのがせめてもの救いです。最近、たとえ忙しくても、元気なうちに人に会っておかなければとつくづく感じます。

公的保険が適用されるか?

ところで、ガンになってしまった場合の治療代は公的保険ではどうカバーされるのでしょうか?おおまかに分けると3種類のケースが考えられます。

1つ目は、公的保険の範囲内で行われる治療の場合です。この場合は、通常の治療と同じく、原則3割負担、すなわち7割が健康保険から支給されることになります。ただし、小学校入学前(6歳に達する日以降の最初の3月31日以前)の被扶養者に関しては2割負担、70歳以上(70歳に達する日の属する月の翌月以降)は一定所得以上でなければ1割負担(法令上は2割負担)に据え置かれています。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。