スクウェア・エニックス「ドラクエ」生みの親・堀井雄二がオンライン化を決断したワケ--「将来はスマホ展開もありうる」

スクウェア・エニックス「ドラクエ」生みの親・堀井雄二がオンライン化を決断したワケ--「将来はスマホ展開もありうる」

スクウェア・エニックスは8月2日、「ドラゴンクエストX(テン) 目覚めし五つの種族 オンライン」の発売を開始した。

発売日の早朝には、TSUTAYA渋谷店でカウントダウンイベントが行われ、ドラクエの生みの親であるゲームデザイナーの堀井雄二氏、「ドラゴンクエストX」プロデューサーの齋藤陽介氏らが登壇し、午前7時の発売時刻に合わせ、約100人の観客とカウントダウンを行った。

「ドラゴンクエストX」は、2009年7月11日に発売した前作「ドラゴンクエストIX(ナイン) 星空の守り人」に続く、「ドラゴンクエスト」シリーズ本編の最新作。機種は任天堂の据置型ゲーム機「Wii(ウィー)」に対応しており、12年末発売予定の最新機種「Wii U(ウィー・ユー)」への対応も予定している。

今作の最大の特徴は、ドラクエシリーズ初のオンライン専用ソフトである点だ。Wiiのインターネット機能を活用することで、これまでバラバラにプレイしていたユーザーが、1つのゲームの世界に集合する。

使用方法も従来作品とは異なる。ユーザーは6980円(希望小売価格)のパッケージゲームを購入した後、30日、60日、90日のいずれかの利用券を購入。各利用料金は、30日が1000円、60日が1950円、90日が2900円に設定されており、クレジットカードもしくはWiiの専用ポイントで支払うことで、プレイが可能になる。

オンライン=課金というイメージがつきまとうが、「ドラゴンクエストX」はパッケージを購入した際、20日間の無料利用券が付いているので、いきなり課金を迫られるわけではない。

また、祝祭日を含む月曜日から金曜日の16~18時と、土曜日と日曜日の13~15時は「キッズタイム」として無料でプレイできる時間帯にしているほか、ソーシャルゲーム業界で射幸心を煽るとして問題となっている、景品くじ方式の追加課金、いわゆるガチャ課金は行わないこととしており、行き過ぎた課金にならないよう配慮している。

堀井氏はオンラインで展開することに関して、「初めてオンラインを体験する人も多いので、敷居を下げたいと思って作品を作った。期待もあるが、不安もある」と語った。齋藤氏も「自分たちが経験してない人数が一つの世界に入ってくる。そこで何が起きるかというと、いい効果もあれば想像してないことも起こりうる」と、発売日を迎え安堵する一方、現状はまだ手探り状態であることを明かした。



カウントダウンイベントのステージ。左から齋藤氏、堀井氏

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。