極めてグレー?新種の「JKビジネス」は合法か

女子高生が性被害にあう可能性は拭えない

女子高生からのモーニングコール、このサービスは法的に問題ナシ?(写真 : Graphs / PIXTA)

朝、女子高生がモーニングコールで起こしてくれる「JKMorning」というサービスが、開始前からインターネット上で話題になっている。

「JKMorning」のサイトによると、電話してくれるのは「本物の女子高生」ということで、定期的にモーニングコールを頼むことができるようだ。また、女の子の審査には一定の基準を設けているという。12月12日段階でサービスは開始されておらず、利用希望者の事前登録を募っているが、くわしい情報は明らかになっていない。

ネット上では、「サービス開始が楽しみ」「価格設定が気になる」「これは事前登録待ったなし」などと期待の声があがる一方、「これは危険じゃないか?」「これセーフなの? アウトなの?」と懐疑的な意見もある。

「JKMorning」というサービス名からは、昨今話題の「JKビジネス」という言葉が連想される。はたして、今回のようなサービスは法的に問題ないのだろうか。村上英樹弁護士に聞いた。

「高校生の雇用」には、さまざまな規制がある

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

「そもそも、高校生を雇用するにあたっては、事業者は労働基準法等の法律を守らなければなりません」

村上弁護士はこう切り出した。どういう法律を守らないといけないのだろうか。

「たとえば、深夜業(午後10時から翌日午前5時まで)が禁止されています。また、『特殊の遊興的接客業(バー、キャバレー、クラブ等)における業務』も『有害危険業務』として禁止されています。そのほかにも、児童福祉法や自治体の条例によっても、さまざまな規制がされています」

これまで話題となった「JKビジネス」はどうして問題とされたのだろうか。

次ページ「JKビジネス」が問題視される根本理由
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。