導入余地が大きい人事システムと業務の外部委託(BPO) その2

導入余地が大きい人事システムと業務の外部委託(BPO) その2

HR総合調査研究所
 HR総合調査研究所(HRプロ)が実施した「人事システム・BPOに関する調査」をもとに、人事システムと業務外部委託(BPO、ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の導入状況を探る第2回目。今回はタレントマネジメントシステムとBPOにフォーカスし、現状と今後の動向をみてみたい。

●「タレントマネジメントシステム」導入企業の高い満足度

 「研修受講管理システム」よりもさらに少ないのが、各人事系システムを統合した「タレントマネジメントシステム」の導入だ。導入済みの企業はわずかに6%だ。導入を検討中の企業も8%と少ない。企業規模別で見ると、「1001名以上」で12%とやや多いが、48%は導入予定がない。「301名~1000名」や「300名以下」は7割以上で導入予定がない。

図表1:タレントマネジメントシステム導入状況

 「タレントマネジメントシステム」を導入している企業に開発形態を訊ねたところ、パッケージが52%とやや多いが、自社オリジナル開発も44%とほぼ拮抗している。

 また利用環境では自社サーバが74%と多く、PCは4%と少ない。クラウドは18%だが、今後は増えてくるだろう。そして「タレントマネジメントシステム」の満足度は高く、満足と回答した企業は8割に達している。満足の理由をフリーコメントから紹介しよう。

 「抜擢人事等、多角的・効率的に進めることが可能」「人事情報を一元管理できる」「必要な情報の抽出や選択がしやすい」。また「検索やシミュレーション作業を行うため、習熟度を要する」との声もある。

図表2:タレントマネジメントシステムの満足度

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。