上手に就活すれば、「入社しやすい会社」がある

「就職四季報 総合版」の見方・使い方<3>

文系か理系か、男子か女子か、院卒か大卒か、就活生は8つのカテゴリーに分類される(写真:Graphs / PIXTA)

エントリーしようとする会社が自分にとって入りやすい会社か、入りにくい会社かは、就活生にとって非常に気になる情報だろう。東洋経済が刊行している『就職四季報』では、そんな就活生のニーズを汲み取り、【男女・文理別採用実績】という項目を掲載している。就活生は学歴、男・女、文・理別で分けると、8つのカテゴリーに分類される。

毎年、全国で40万人以上の学生が就活を行うが、どの学生も8つのカテゴリーのどこかに必ず入る。『就職四季報』では8つのカテゴリーごとに採用人数が載っており、自分が入りやすい会社かどうかは一目瞭然だ。

たとえば、理系の大学院卒の男子の採用は多いが、文系の大卒女子採用はゼロという会社もある。どうしてもその会社に入社したいのならば、女子であっても受験するべきだが、当然にハードルが高いため、自己分析、業界・企業研究など入念な準備が必要だ。

もちろん文系学生もメーカーに就職できる

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

また、文系はメーカーに入社できないと誤解している学生は少なくない。こうした学生は、是非、【男女・文理別採用実績】を見ていただきたい。メーカーにも多くの文系学生が採用されていることがわかるはずだ。

さらにチェックしたいのが、【男女・総合一般別採用実績】。総合職、一般職、研究職、事務専門職など職種別の男女別採用数が掲載されている。女子採用が多いと思ったら、一般職が多くて、総合職は少ないというケースもある。

次に【入社者の採用実績校】を見ていだきたい。この欄には、直近の内定者の学校名と採用人数が掲載されている。ここに自分の大学が掲載されていれば、とりあえず有利。しかし、大学名が多数掲載されている場合は、会社が大学名にこだわっていないということなので、自分の大学がなくても悲観することはない。

次ページ母校からの入社実績がなくても悲観するな
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。