投資大好きFPが郵政IPOで失敗したワケ

「IPO銘柄」で儲けるためのコツ教えます

(のびー/PIXTA)

今年、株式市場はもちろん、世の中的にも大きな話題になった日本郵政グループのIPO(株式の新規公開)。IPO好きの方はもちろんのこと、普段は株式投資をあまりしないという人でも、応募して、当選した方は多かったのではないかと思います。

郵政IPOに当たったのに、「怪しい」と感じてしまった!

私もそのうちの1人で、なんと、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命と、上場した郵政3グループのすべてに当選して、見事「3冠達成」を遂げました。しかも、ゆうちょ銀行は1000株、10単位もの大量当選です。日本郵政も400株4単位の複数単位当選。かんぽ生命は100株1単位でした。

ただ、このIPOとしては予想以上の出来すぎともいえる当選株数に、「これは話がウマすぎる」と変に勘ぐって「怪しさ」を感じ、なんと“当選辞退”をしてしまったのです!

私はフィナンシャルプランナーとして、自分自身の投資体験談ベースに、講演・執筆・相談等をこなしています。

とくに最近は、2012年から13年ごろにかけてIPOによく当選して儲かった体験談が好評で、IPOネタで多くのお仕事が舞い込んでおりました。これに気を良くして「IPOジャーナリストとして食っていけるのでは……」と薄淡い期待を抱いていました。ですが、2014年あたりから、IPOに申し込んでも当選する機会が目に見えて減ってきたのです。

次ページ最近のIPOは「当たらない」のが「当たり前」
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。