子の写真入り年賀状、送る前に一考したい点

「幸せの押し売り」と受け取られる場合も

わが子の成長した姿、年賀状で見てもらいたいけれど……(写真 : ケンタロウ / PIXTA)

そろそろ年賀状の準備に取り掛かる時期になりました。中には、「あとはポストに投函するだけ」なんて用意周到派なママもいらっしゃるかもしれませんが、年末の忙しさで、年賀状作成がつい後回しになっている……という方も多いのではないでしょうか。

年賀状を作成するにあたって、みなさんは、子どもの写真に載せるか載せないか、迷ったことはありませんか? 

今回は、「子どもがいる家庭が気をつけたい、年賀状の写真利用のコツ」についてお伝えします。

子育て家庭の86%が「写真入り」

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

おでかけ情報サイト『いこーよ』の昨年末の調査によれば、子育て家庭のなんと9割が年賀状を出す予定だそうです。 さらに、そのうちの86%が子どもや家族写真を使用しており、子育て家庭が年賀状に写真を利用するのが一般的になっていることがわかります。

どんな写真を利用するかについて、上位3位までは以下のとおりでした。

1位……自分たちで撮影した家族写真 45%
2位……自分たちで撮影した子どもだけの写真 46%
3位……写真館で撮影した子どもだけの写真 7%
その他……写真はのせない 7%

 

調査からは、家族写真や子どもだけの写真を利用する家庭が多いことがわかりますよね。実際に子どもがいる皆さんも子どもの成長を伝えたくて、子どもメインの写真を使用されることは多いかと思います。

ですが、送付先によっては「写真つき年賀状の使い分け」を考えなければいけない場面もあるようです。

次ページそれは「近況報告」?それとも「ご挨拶」?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。