フランス地方選、「極右全敗」でも残る不安

2017年大統領選へ向けて極右は勢力拡大

フランス地方選挙の第2回投票では社会党と共和党の共闘の前に敗れたものの、2017年大統領選へ向け存在感を高めている国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(写真:AP/アフロ)

極右政党・国民戦線(FN)の躍進が不安視されたフランスの地域圏(複数の県を束ねた広域行政区分、2016年1月1日より22地域圏から13地域圏に改変される)議会選挙は、12月13日に第2回投票が行われ、全13の地域圏で国民戦線が第1党となる事態が回避された。

国民戦線は7日の第1回投票で6つの地域圏で最多票を獲得。サルコジ前大統領が率いる中道右派の共和党(LR)が4つの地域圏、オランド大統領が率いる中道左派の社会党(PS)は2つの地域圏で最多票を獲得した。全体の獲得票率も国民戦線が28%で最多票を獲得し(前回選挙の11%から躍進)、共和党の27%、社会党の23%を引き離していた。

社会党は共和党と苦渋の共闘

第1回投票の結果を受け、フランス国内では国民戦線が第2回投票でも2~3の地域圏を制する可能性が取り沙汰されていた。同党の躍進を受け、オランド大統領は「共和国の価値を守るため、全ての政治家が立ち上がらなければならない」と発言、バルス首相も「国民戦線の勝利を阻止するため、あらゆる手を尽くさなければならない」と危機感を露にした。

社会党は国民戦線がリードする2つの地域圏において、第2回投票での自党候補者の擁立を取り止めた。反国民戦線票をライバルの共和党に集中させ、国民戦線の勝利を阻止する苦渋の決断をした訳だ。地域圏議会選挙は2回投票制の比例代表方式で行われ、第1回投票で過半数を獲得する政党が現れない場合、1回目で10%以上の票を獲得した政党が第2回投票に進出し、その際に候補者の擁立を取り止めることが出来る。

次ページ敗退でも極右支持は拡大も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。