欧州のエネルギーシフト 脇阪紀行著

欧州のエネルギーシフト 脇阪紀行著

原発依存から再生可能エネルギー、省エネルギーに重点を置く体制への転換を進めようとする欧州各国の現状を、新聞記者がリポートした。

昨年6月、ドイツは脱原発宣言をし、2022年までに順次閉鎖していくことを決めた。原発大国であるフランスも、オランド政権が原発依存度を下げていくことを公約として掲げている。

しかし、EUのエネルギーシフト戦略は、決して一様ではない。各国の「現場」を歩いてきた著者は、その国が置かれた自然条件や歴史、国民性などによって、エネルギー政策が驚くほど異なることを報告している。

さまざまに揺れるEUの姿から、21世紀のエネルギー政策の課題を浮き彫りにする。

岩波新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。