松屋銀座バイヤー直伝「男を上げる」小物使い

9割の男性が間違っている!

松屋 銀座本店、紳士部MD課バイヤーの宮崎俊一さん

今夏、リクナビNEXTジャーナルで紹介した「男性必見!松屋銀座バイヤーが教える『この時期、ビジネスシャツの下には何を着るべきか?』」。松屋銀座の紳士服バイヤー・宮崎俊一さんに、真夏のシャツ透け問題に切り込んでもらった記事だ。シャツ透け問題がビジネス問題にまで発展し、賛否両論ありながらなかなかの反響を得た。「乳首が透けずに済んだ」「爽やかに猛暑を乗り切れた」という人も多かったのではないか。

同記事でも随所で触れたが、宮崎さんは「これでいいか……という少しの気の緩みがビジネスにおける第一印象を台無しにしかねない」と日本のビジネスパーソンに警鐘を鳴らし続けており、数々の著書でビジネスシーンにおけるスーツスタイルの基本を提唱している。

そして、先日発売された新刊『ビジネススーツを格上げする60のルール』では、「ビジネスパーソンの実に9割が、間違った小物選びでスーツスタイルを台無しにしている」と訴える。今回は同書より、スーツ姿をレベルアップしてくれる小物選びのポイントを、いくつかご紹介したい。

リュックやソックス…知らずに使っているNGアイテム

本記事はリクナビNEXTジャーナル(運営:リクルートキャリア)の提供記事です
 

スーツにリュック、ごついスポーツウォッチ、くるぶしが見えそうなスポーツソックス……よく見かけるビジネスパーソンの姿だ。実際に自分も身につけているという人も多いだろう。しかし、これらすべて「たった1アイテムで全身を台無しにしている」と宮崎さんは指摘する。

・悪目立ちするスポーツソックスにメリットはなし

くるぶし丈でラインやメーカーのワンポイントが入っているような「スポーツソックス」は、ビジネススタイルではあり得ない。ましてや「白いソックス」は全身の印象を台無しにするほどの破壊力がある。スーツ姿で靴下が目立つことにメリットはなく、全体のバランスが崩れてしまうだけ。

「みんな履いているよ」と言う人もいるかもしれないが、どれだけ多くの人が履いていようがドレスコード違反に変わりはない。

次ページリュックは便利だが……
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。