社内転職:仕事内容よりも「ボス」の資質を見極めよ

社内転職:仕事内容よりも「ボス」の資質を見極めよ

社内転職で大事なことは、転職希望する職場の仕事内容よりもボス(その職場の責任者)が誰か? です。ここで間違ってはいけないのは直属の上司ではなく、その組織全体を統括する立場の力量こそ重要。どの職場でも管理職がいますが、その管理職をマネジメントする立場の人物こそ組織を統括するボス。

大抵の場合、予算や人事権、事業計画など重要な決裁事項はボスに委ねられます。会社では事業部長、執行役員などと呼ばれる人。社内で与えられた権限が大きく違います。このボスの力量を見極めて社内転職は行いたいもの。ちなみに

「やっぱり山本部長は頼りになる。いざとなったら部下を守ってくれる」

「役員に対して影響力があるから、人事に対しても口出しできるみたい」

と、ボスの力量として大事なことの1つとして社内政治力があります。役員に好かれている、声がでかい(発言に影響力がある)などが要因ですが、こうした政治力以上に注目してほしいのが『仕組みづくりができる力量』。たとえば、

・ボス不在でも組織がまわる風土

をボスが目指しているかです。おそらく、これからの時代は政治力以上に注目すべきポイントではないでしょうか。

なぜなら、職場のボスで組織の仕組みづくりが苦手な人が意外と多いのです。その理由は管理職として、自分が最前線で仕切って成果を上げてきたからです。

たとえば、食品商社に勤務している管理職のDさん。職場の部下とはコミュニケーションを欠かさないマメなマネジメントが信条。さらに部下の仕事ぶりや悩みまですべて事細かに把握して、すべてに指示やアドバイスをすることで組織を掌握してきました。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。