EU復活のためには前向きな夢が必要だ

EUに必要なのは第2のシューマンとモネ

 


ユーロ危機とエリザベス英国女王の即位60周年祝賀行事には何も共通点がないように見える。しかし、実際には双方を考え合わせることで重要な教訓が見えてくる。それは、前向きなナラティブ(物語)が持つ力であり、それなくして勝利は不可能だということだ。

歴史家のサイモン・シャーマは祝賀行事について、「平凡な政治家たちの狭量さや醜さを乗り越える形で、英王室が同国の過去と未来をつなぐのに役立っている」と指摘した。国王や女王を持つ伝統は1000年以上もさかのぼる。王冠と馬車によるシンボリズムが持続し、かつてはイングランド人そして今は英国人の国家が体現されることで、英国人たちは結び付けられている。

これはパンと見世物というお決まりのやり方だと皮肉る向きもあるかもしれない。だが、ポイントは、国民の気をそらすためというよりも、気持ちを高揚させるために、人々の目と心を希望とナラティブに引き付けることにある。

特に今、過去と将来をつなぐ方法を欲しているのがギリシャだ。世界最初の民主主義揺籃の地として、ギリシャは笏(しゃく)や式服以外の国家再生のシンボルを必要としている。

外交、貿易、結婚、オイル、ワイン、長い船などを通して島々や海岸や人々が織り成す地中海世界を、多くの西洋の読者が知ったのは、ホメロスを通してだった。ギリシャは、現在の危機を利用して新たな将来を創造し、そうした世界の支柱の一つに返り咲けるかもしれない。

次ページ第二次世界大戦後の歴史に学べること
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。