ヤマダコーポは株主提案で経営陣が総入れ替え。企業価値向上へ新経営陣に重い責任

ヤマダコーポは株主提案で経営陣が総入れ替え。企業価値向上へ新経営陣に重い責任

株主提案でトップ人事が覆った。ポンプなど産業用機器メーカーのヤマダコーポレーションは、28日に開いた株主総会で株主提案の取締役選任案を可決。その後の取締役会で山田昌太郎氏が社長に就任した。同社では取締役の選任をめぐり、一部株主側と会社側が委任状争奪戦を繰り広げていた。

株主提案をしていたのは、昌太郎氏の父である山田豊雄元社長。会社側で次期社長に内定していた和正氏の兄にあたる。豊雄元社長は「和正氏はヤマダコーポレーションと取引関係にある会社の大株主でもあり、競業取引および利益相反取引の懸念がある」として、和正氏の社長就任に反対していた。

しかし和正氏が大株主である会社のワイ・テイ・エスはヤマダコーポレーションの連結対象となっている。ヤマダコーポレーションの監査役会は利益相反取引の存在を否定しており、弊社の取材に応じた村瀬博樹取締役も「両社は製品開発を分担し合うなど、競業というより協力関係にある」と語る。株主提案の背景には、兄弟間における路線対立があったようだ。

トップだけでなく、経営陣がほぼ入れ替った今回の事態。なぜそれが必要だったのかについて、村瀬取締役は「若返りが必要だった」とだけ語る。ただ現時点では新経営陣が前経営陣と異なり、とのような方向を目指すのか明確ではない。同社の業績は2010年度以降回復基調にあり、前経営陣は海外展開を加速させる方向も示していた。新経営陣がどう企業価値を高めていくのか。自らを信任した株主に対して、重い責任を追うことになる。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。