村上氏、黒田電気など4銘柄の全株式を売却

黒田電気、エクセル、三信電気、アコーディア

8月20日に大阪市内で開かれた黒田電気の株主総会。101人の株主が出席した(撮影:梅谷秀司)

[東京 4日 ロイター] - 旧村上ファンド代表の村上世彰氏が、自身の名義で保有する黒田電気 <7517.T>、エクセル <7591.T>、三信電気 <8150.T>、アコーディア・ゴルフ <2131.T>の全株式を売却したことが分かった。売却前の保有割合は黒田電気で9.31%、エクセルで9.49%、三信電気で9.61%、アコーディアで8.38%。4日に提出された大量保有報告書で明らかとなった。

一方、村上氏の長女、村上絢氏が経営する投資会社C&Iホールディングスや、旧村上ファンド出身者が運営する運用会社レノなどが買い増ししており、共同保有割合に大きな変更はない。共同保有分は三信電気のみ14.78%から15.30%に増加しているが、黒田電気は16.15%、エクセルは11.50%、アコーディアは19.24%と従来の比率のままとなっている。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。