松下幸之助は「些細なこと」にも工夫を求めた

成功とは些細なことが積み重ねられた叙事詩

些細なことが積み重なって、「成功」になる

松下幸之助は些細なことにもこだわりを持っていた。『商売心得帖』という本の表紙をつくったときもそうであった。

「心得帖」というタイトルの持つ雰囲気を出すために、デザインは昔の和綴(わと)じ風がいいだろう、それでは全体を紺地として表題のところを白く抜き、そこに「商売心得帖」と印刷するといいだろう、ということを決めた。

しかし実際には、このやり方が意外に難しいということがわかった。白く抜いたところに文字を印刷すると、当時の技術では、わずかな文字のゆがみであっても非常に気になってしまうのである。

この本は不良品やで

この連載の過去記事はこちら

「技術的に難しいから、こういうやり方はやめてほしい」と印刷会社の担当者が言う。なるほど、そんなものかと私はあっさりあきらめた。そのかわりに表紙全体を紺色に印刷して、その上から「商売心得帖」と印刷した短冊型の紙を貼ろうということになった。

出来栄えは上々だと思った。東京に出かけていた松下に連絡すると、すぐに持ってきてくれと言う。三冊ほど持って新幹線に飛び乗った。

松下電器の東京本社の松下の部屋で見せると、にっこり笑って、「うん、できたか。これ、なかなかええやないか」と喜んでくれた。しかし、ページをめくりながら、あるいは表紙まわりを眺めながら本を見ている、そのうちに松下の笑顔が消えた。おや、と思った瞬間、「きみ、この本は不良品やで」と言う。

どこが不良品なのかと思っていると、松下はその本を目の高さに持ち上げ、表紙を水平にして横から眺めた。

「ここのところが、凸凹しとるやろ。これはあかん」と言いながら、表紙の白い紙のところを指でなでている。

次ページ「できん」と言っているだけではあかん
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
疑われる日本<br>安保と原発

日本が抱える再処理プルトニウムは48トン。原子爆弾6000発分に相当する量だ。これに中国、韓国が疑念を抱き、東アジアで核兵器原料の増産競争が勃発するおそれも出てきた。