あす開催の関電株主総会の焦点、橋下徹・大阪市長はどう動く?

あす開催の関電株主総会の焦点、橋下徹・大阪市長はどう動く?

注目の関西電力の株主総会があす6月27日に開催される。発行済み株式数の8.9%を保有する筆頭株主の大阪市からは、橋下徹市長(=写真=)が出席する予定だ。昨年の総会は過去最多の2244人が出席し、所要時間も過去最長の4時間51分に及んだ。今年は昨年よりも収容人数が2割増しの会場が用意されており、昨年に続いてロングラン総会となりそうな情勢だ。

大阪市は4月27日に関電に対し、以下の10項目の株主提案議案を提出。これに対し、関電は6月7日に発送した招集通知において、大阪市を含むすべての株主提案に取締役会の反対意見を表明している。

○大阪市の提出した10項目の提案内容・・・
第18号議案「経営の透明性の確保」
第19号議案「取締役の報酬に関する情報の個別開示」
第20号議案「電力需要の抑制と新たなサービスの展開」
第21号議案「社外取締役の責任免除」
第22号議案「代替電源の確保」
第23号議案「発送電分離を柱とする事業形態の革新」
第25号議案「社外取締役1名選任の件」
第26号議案「再就職受入の制限」
第27号議案「取締役定員の削減」
第28号議案「脱原発と安全性の確保」

脱原発を求める提案は第28号議案。大阪市が「脱原発社会の構築に貢献するため、可及的速やかに全ての原子力発電所を廃止する」と提案したのに対して、関電は「化石燃料に過度に依存しないエネルギーミックスが大切であり、安全確保を大前提に原子力発電を今後も重要な電源として活用していく必要がある」などと反対意見を表明している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。