中国企業が米国で歓迎されない理由とは

 

 

中国企業の米国進出が増えるにつれ、米国側から歓迎されないという事態に直面することが多くなった。買収や投資案件が暗礁に乗り上げてしまう。それは三つに分けることができる。

(1)安全保障を脅かす

「投資案件に米国の安全保障を脅かす要素があるかどうかにしか注目していない」。米財務省のウォリン副長官は先頃こう語った。外国企業を排斥するのは、もっぱら安全保障が問題になるときという意味だ。

米国は1988年に不公正貿易を解消するため包括的貿易競争法を制定、外国からの投資案件を審査する外国投資委員会を置いた。後に修正条項を追加し、外国企業による米企業の買収が米国の安全保障に影響する場合、投資委員会は審査と拒絶の権利を有すると定めた。

米国が安全保障に関係すると判断しているのは、エネルギーや通信の分野だ。この数年、「米国の安全保障を脅かす」ことを理由に米政府から拒絶された中国企業は多い。

これまでに、中国海洋石油によるユノカル買収、通信機器メーカー華為技術によるスリーコムとツーワイヤー買収、中国西色国際投資によるユージン買収、中国唐山曹妃甸投資とエムコアとの合弁企業設立、鞍山鋼鉄によるスチール・ディベロップメント買収などが阻まれた。

(2)知的財産権侵害、ダンピング・政府補助金

ハイテク分野での主導的地位を守るため、米国はこの分野への外国投資を排除している。ハイテクと知的財産権は、障壁が最もたくさんある分野だ。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。