Surface最新版は、いったい何がスゴイのか

急激進化を遂げたタブレット型PCの最新版

マイクロソフトの最新タブレット型パソコン「Surface Pro4」
当連載は最新ガジェットの魅力を紹介するコーナー。当該企業からの貸出機や自費で購入した機器を実際に使用。その結果、魅力度が高かった製品をレビューしていく。

 

Surface Pro4はマイクロソフトが作った最新のタブレット型パソコンである――。このように何の違和感もなく紹介するようになって久しい。ソフトウェア企業であるマイクロソフトが初のパソコンを発売したのは、Windows 8をリリースした2012年10月末のこと。それからわずか3年しか経過していない。

当初はパソコンメーカーが挑戦しにくい、まだ市場が成熟していないジャンルを開拓する役目を負っていたSurfaceシリーズだが、タブレット型パソコンにノートパソコンに近い操作性を持たせようとしたSurface、Surface Proシリーズは、当初は奔流からは外れた製品だった。

Surfaceシリーズはすっかり定着している

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

しかし、いまや状況は変わっている。マイクロソフトが改良を重ねるとともに、世の中のトレンドも変化し、今ではすっかりパソコン業界の定番商品としてSurfaceシリーズが定着していると言っていいだろう。

マイクロソフトがSurfaceシリーズを作り始めた頃は「パソコンメーカーにWindowsを販売している彼らが、どこまで”本気”でパソコンそのものを作っているのだろう」と思っていたが、Surfaceは”パソコン”という鳥かご(既成概念)の中から出ることができなくなっていたWindowsベースのパーソナルコンピュータを、既成の枠から解き放つ役割を見事に果たした。

もっとも大きく進化したのは、昨年発売した3代目「Surface Pro3」の時だ。

マイクロソフトは、仕事にも使える本格的なノート型パソコンが持つ生産性の高さを、タブレット端末にも与えることにとうとう成功したからだ。Surface Pro3は薄型タブレットであるとともに、パソコンに求められるユーザーインターフエイスも備えた、2-in-1と呼ばれ得るジャンルの完成形とも言える製品だった。

次ページSurface Pro4の使用感とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。