スマートグリッド「プランB」 加藤敏春著

スマートグリッド「プランB」 加藤敏春著

東日本大震災・福島第一原発事故を契機に、日本は電力大改革時代を迎えた。それも過去の延長路線では済まない抜本策が必要とされている。著者は、今こそ次世代電力網であるスマートグリッドを日本全体に構築せよ、と提言する。それによって、エネルギー関連産業はもとより、情報通信、自動車、家電などで数十兆円規模の市場刺激になるという。

電力需給の根本的な解決を図るためには、「エネルギー・セキュリティの確保」と同時に「ユーザー本位のエネルギー・ミックスの実現」が必要と説く。スマートグリッドを「エネルギーのインターネット」として活用することによって、需要とイノベーションの好循環を促し、経済全体にも活を入れようとする。

電力システム改革については、今夏に政府調査会の報告書がまとめられ、来年の通常国会に電気事業法などの改正案が提出される予定だ。その議論に一石を投じる提言の書といえよう。

NTT出版 1995円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?