武田薬品がドリンク剤を新発売、低価格・健康志向で若年層にアピール、市場縮小打破を目指す

武田薬品がドリンク剤を新発売、低価格・健康志向で若年層にアピール、市場縮小打破を目指す

武田薬品工業は6月20日、「アリナミン」シリーズのドリンク剤として新たに「アリナミンゼロ7」を発売する。

カロリー摂取を気にする20~30代を主なターゲット顧客としてとらえ、「糖類ゼロ」を強調。自社開発のビタミンB1誘導体「フルスルチアミン」など7つの有効成分を配合する一方で、メーカー希望小売価格(税込み)を153円に抑えた。

全国展開するテレビ広告では、若者に人気のある俳優の小出恵介さんや女優の川島海荷さんを起用。「元気をもっと飲みやすく」をキャッチフレーズに認知度を高めていく。

ここ数年、ドリンク剤市場は市場の縮小傾向が続いている。その反面、低カロリーや糖類ゼロを標榜している製品の売り上げは伸び続けているという。
 
 武田薬品のユーザー調査でも、「糖分が少ない、無配合であること」を購入時に重視する人の割合が40%にのぼることが判明している。武田薬品は既存の「アリナミン7」とともに、低価格帯でのシェア拡大にも力を入れていく。

武田薬品では、東日本大震災に伴う被災者への支援として、昨年度よりアリナミンの錠剤1錠当たり1円、ドリンク剤1本当たり1円を積み立てたうえで拠出している。「アリナミンゼロ7」も支援の対象品目になる。
 
■武田薬品工業の業績予想、会社概要はこちら
■株価チャートはこちら

(岡田広行 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。