ライフスタイル

ZOZOTOWNにマドラスSHOPが新規オープン!

madras

高級靴メーカーのマドラスが、国内最大級のECサイトであるZOZOTOWNにて11月26日(木)より新規店舗をオープンした。 

マドラスは、1946年にイタリアのベネチア郊外で誕生した高級靴ブランド。1965年より日本に本格上陸を果たして以降は、イタリアの伝統的なクラフトマンシップを継承しつつ、日本人の足にフィットする履き心地を追求するなど国内市場に合わせたローカライズを進め、高級紳士靴としての認知を獲得。婦人靴も加わり全国の百貨店のほか、東京や名古屋を中心とした直営店で販売されている。

卸先を除くと、ECサイトでの販売は自社サイト「SHOE STYLE」に次ぐ2件目。「SHOE STYLE」ではメンズ6ブランド、レディース4ブランドを取り扱い、ビジネスからカジュアルまでの幅広いシューズを販売している。ZOZOTOWNは約3305ものブランドが集まるファッション通販サイトで、回遊客による売り上げが見込める上、20~30歳代の若年層の認知度を拡大するというブランド戦略上のメリットも期待している。

ZOZOTOWNで販売されるのは、イタリアの繊細でエレガントな靴作りの伝統は継承しつつ、常に現代の流行を意識したスタイルやマテリアルを積極的に採用する主力ブランドの「madras」、ニューイタリアンマインドをコンセプトに、20代トレンドセッター達に向けて見た目にも主張できるデザインをした「MODELLO」、働き盛りのビジネスパーソンを対象に、雨の日でも安心して履けるゴアテックス(R)ファブリクス仕様防水シューズなどを開発している「madras Walk」、それぞれのメンズとレディースで合計6ブランド。ほぼ全モデルが展開される予定だ。到着から7日以内、汚れやキズを生じさせていないなどZOZOTOWNが定める規約内であれば、サイズが合わなかったことを理由とする返品もできる。

なお、11月26日(木)から12月6日(日)の間、税込み20,000円以上の買い物をした人を対象に、先着順で特製カードケースをプレゼントするオープニングフェアも開催される。

マドラスは今回の出店を期に販売チャネルの多角化を推し進め、将来的には顧客の購入体験やサービスの提供をシームレスにつなげるオムニチャネル化を実現していきたいとしている。