長期化する2013年新卒採用(その2)--ばらつく内定時期、大学レベル間格差もくっきり

長期化する2013年新卒採用(その2)--ばらつく内定時期、大学レベル間格差もくっきり

 

HR総合調査研究所

前回に引き続き、HR総合調査研究所(HRプロ)が実施した、企業、大学、学生に対する調査結果をもとに、2013年新卒採用を振り返るとともに14年新卒採用へ向けての動向を見てみる。

●ばらつく内定ピーク時期

選考の開始時期は2~4月に集中したが、内定出しは集中していない。3年間のデータを比較する。11年卒から12年卒にかけて大きな変化があり、11年卒では文系のピークは4月であり、前半15%、後半28%、合わせて43%だ。ところが2012年卒では、4月前半と後半を合わせても22%と半減した。そして「6月以降」が11年卒の18%から12卒では34%と増えた。13年卒も12卒と同じ長期化傾向が続いている。

理系は文系ほど極端ではないものの、同じ傾向が続いている。

図表1:文系の内定ピーク時期(予定)

●大学クラスで異なる内定取得状況

学生の内定状況は、大学クラスでくっきりと分かれている。旧帝大クラスと早慶クラスでは7割以上が内定を取得している。つづいて上位国公立大クラスと上位私大クラスが5割以上の学生が内定を取得している。

それ以外の大学の学生は苦戦している。その他国公立大クラスと中堅私大クラスの学生の内定取得率は3割台であり、3人に1人が取得。その他私立大学では、内定取得者は4人に1人しかいない。

上位校の学生は、内定取得率だけでなく複数内定取得率も高い。
※「みんなの就職活動日記」は、比較的就職意識の高い学生の登録比率が高く、学生全般の傾向値よりもやや高めの数値となります。あくまでも大学クラス間の比較としてご覧ください。

図表2:内定社数(文系)

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。