Jリーグとヤフーが業務提携、その狙いは?

ネット活用で入場者数増めざす

ヤフーとJリーグが業務提携をした。その狙いは?(撮影:尾形文繁)

[東京 24日 ロイター] - 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は24日、ヤフー<4689.T>と業務提携したと発表した。高い集客力を誇るヤフーと組むことで、入場者数の増加につなげたい考えだ。

Jリーグの村井満チェアマンは「毎日ヤフーを訪ねている人に対して、Jリーグの面白さを伝えていきたい」と語った。

ヤフーニュースにおけるサッカー記事の閲覧者数はブラウザごとに集計すると月間約2900万人にのぼる。これに対して、Jリーグの月間平均スタジアム入場者数は約92万人。今季のリーグ戦の入場者数は初めて900万人を超えたが、ここ数年は入場者数が伸び悩んでおり、いかにスタジアムに足を運んでもらうかが課題となっている。

ヤフーの宮坂学社長は「Jリーグに興味のある層と実際に足を運ぶ層とがつながってない可能性があり、ここを埋めていきたい」と語った。

(志田義寧)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。