「農耕型」の斬新漁業が海を守る切り札になる

世界初の垂直型複合養殖、何がすごいのか

『GreenWave』とはいったいなに?(画像はhttp://news.mit.edu/から)

『バックミンスター・フラー・チャレンジ(BUCKMINSTER FULLER CHALLENGE)』とは、『宇宙船地球号』を提唱した人物として知られ、20世紀に建築やデザインなど、幅広い分野にわたって活躍した米国の偉人バックミンスター・フラー(Richard Buckminster Fuller)にちなみ、2007年に創設された国際デザインコンペティション。

地球温暖化の防止、生物多様性の保全、再生可能エネルギーへのシフトなど、世界が直面する喫緊の課題に対して、具体的なソリューションを示す優れたプロジェクトが、毎年受賞している。

世界初の垂直型複合養殖システム

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

2015年度は、136カ国400以上のプロジェクトの中から、海洋生態系の再生と沿岸地域の雇用創出に取り組む『GreenWave(グリーンウェーブ)』が、最も優秀なプロジェクトとして表彰された。

GreenWaveは、海面にロープを浮かべ、海藻、ホタテ貝、ムラサキイガイを栽培しながら、海底で、牡蠣やカニのためのカゴを設置する、世界初の垂直型複合養殖システムを開発。

二酸化炭素や窒素を吸収する海藻の作用によって、海水を浄化しながら、1エーカー(約4047平方メートル)あたり、年間、海藻10トンと貝類25万個を収穫する。

次ページ“狩猟型”から“農耕型”へ
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。