インクジェット時代がきた! 液晶テレビも骨も作れる驚異の技術 山口修一、山路達也著

インクジェット時代がきた! 液晶テレビも骨も作れる驚異の技術 山口修一、山路達也著

インクジェットといわれると、誰もがプリンタを思い浮かべるだろう。しかし、この技術は、今ではさまざまな分野で応用されている。

インクジェット技術は、何らかの機能を持った液体を、デジタルデータに基づいて対象物に接触することなく必要な位置に高速で並べていくもの。この技術を応用することで、食品や壁紙などでも、これまで不可能だった印刷ができるようになり、さらに3Dプリンタを使えば、立体物の造形までできてしまう。また、DNAチップや人工臓器など、医療分野での応用も始まっているという。

メーカーで実際にインクジェットプリンタの開発に携わってきた著者らが、驚異の技術革新をリポートする。

光文社新書 777円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。