深刻な事故にもつながる「睡眠不足」の恐怖

睡眠のコツを実証的研究の結果とともに紹介

睡眠不足を解消し、快眠へと導くためのコツとは?(写真 : MAGICAL MYSTERY CATS / PIXTA)

『その科学が成功を決める』、『その科学があなたを変える』などの著作で知られるリチャード・ワイズマン博士の新作である。幸運、自己啓発、錯覚、説得など心理学に関する研究を続けてきた博士が今回選んだテーマは「睡眠」。なぜ急に睡眠? と思われたかもしれないが、理由は後ほど。

ワイズマン博士の著作は、豊富な実証的研究が盛り込まれているのが特徴だ。本書でも、睡眠メカニズムの堅苦しい解説ではなく、実際に行われた実験の結果を列挙し解説していくスタイルが貫かれている。

睡眠不足は深刻な事故につながる

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

何かとやってしまいがちな睡眠不足だが、時に取り返しのつかない事態を招くこともある。スリーマイル島原子力発電所の事故、スペースシャトル・チャレンジャー号の爆発事故、チェルノブイリ原子力発電所のメルトダウン。睡眠不足が深刻な事故に結びついた例は決して少なくない。

だが重大事故を持ち出すまでもなく、ささいな睡眠不足が危険につながることが実験によって示されている。引き合いに出されるのは、2003年にワシントン州立大学で行われた研究だ。その内容は3、5、7、9と被験者を睡眠時間ごとにグループに分け、機敏さを調べるテスト(コンピュータ画面を眺めながら、いくつか点が見えたらすぐにボタンを押す)を行いつつ2週間のあいだ研究室で過ごしてもらうというもの。

驚くべきことに、7時間眠った人でもほんの数日間で注意力が大幅に低下し、テストの結果も悪くなった。さらに3時間や5時間睡眠の場合と違って体は元気なので、脳の活動の低下に気づいていないことが多かった。もし車を運転していた場合、こうした自覚なき睡眠不足は致命的だ。アメリカでは強い眠気が原因で毎年10万件以上交通事故が起き、うち1500件が死亡事故につながっている。

次ページ昼寝の効用
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。