ニューヨーク大学

「英会話」だけでは足りない!
グローバルビジネスに求められる英語のスキルを、日本にいながら身に付ける方法とは。

グローバル化の進展にともない、英語のニーズが高まっている。英会話を習う人も増えているが、その一方で「なかなかビジネスで使えるレベルになれない」という声が多いのも事実だ。さらなるブラッシュアップが望まれるが、一方で、「マーケティングについて英語で議論できるようになりたい」と思っても、そのような学習の機会を得ること自体、容易ではない。特に国内で学ぼうとすればなおさらだろう。最近になって、そのような課題を解決するプログラムが日本に上陸し、注目を集めている。米国の名門ニューヨーク大学プロフェッショナル学部のアメリカン・ランゲージ・インスティテュート東京校だ。日本にいながらにして、グローバルビジネスに求められる実践的な英語教育が受けられるという。
品川インターシティの高層階に位置するラウンジにて、アカデミックディレクターのクリス・カール・ヘイル氏を撮影。忙しいビジネスパーソンにうれしい、品川駅の目の前という好アクセス性を誇る

品川駅前の高層ビルで
本場の英語のスキルを学ぶ

大規模な再開発で注目される品川駅――。その駅前に立ち、駅とデッキでつながる「品川インターシティ」の高層階に、ニューヨーク大学(NYU)プロフェッショナル学部 アメリカン・ランゲージ・インスティテュート(ALI)東京校がある。

東京の都心や湾岸エリアを見下ろす眺望が楽しめるラウンジでは、受講生と外国人の講師が笑顔で話をしている。受講生同士も英語であいさつしているようだ。それもそのはず。キャンパス内では原則として日本語禁止だという。まさにニューヨーク本校の雰囲気が感じられる。見た目だけではない。PCルームやラウンジなど、キャンパス内には最新のIT機器が導入されているほか、フリーWi-Fiが設置され、最適な環境で学習を進めることができる。

同校アカデミックディレクターのクリス・カール・ヘイル氏は「ALI東京校の受講生専用サイトで、レッスンのフォローなどがタイムリーにできるだけでなく、ニューヨーク大学の学生と同じように、NYUのオンラインライブラリーも閲覧できます」と説明する。

ALI東京校の受講生専用サイト。トップページの各プログラム名をクリックすると、 講座一覧が表示され、シラバスや担当授業後のレビューなどが閲覧可能だ

改めて説明するまでもなく、ニューヨーク大学は創立以来180年以上の歴史を誇る、米国の名門私立大学である。同大学プロフェッショナル学部も1934年という早期に設立され、不動産、ホスピタリティ、マーケティング、会計など、さまざまな産業に関連する専門的な教育プログラムをニューヨークに集う世界各国のビジネスパーソンに提供している。

アメリカン・ランゲージ・インスティテュート(ALI)は同学部の一部門であり、70年以上にわたりNYUに入学を希望する外国人学生向けの言語習得コースとして実証されてきた。その高品質なプログラムを国内で受けられるのはうれしい。

グローバルビジネスに求められる
質の高い英語プログラムを提供

ALI東京校は2013年10月に開校したが、ビジネスパーソンはもとより、グローバル化を目指す企業からも高く評価されている。その理由について、ヘイル氏は次のように説明する。

次ページなぜALI東京校は、多くの企業から高い評価を得ているのか
 
お問い合わせ
ニューヨーク大学
プロフェッショナル学部
アメリカン・ランゲージ・インスティテュート東京校
オープンキャンパス開催中!
資料請求番号:C641