イノベーションの理由 資源動員の創造的正当化 武石 彰、青島矢一、軽部 大著 ~不確実性に満ちた企てをどう正当化するか

イノベーションの理由 資源動員の創造的正当化 武石 彰、青島矢一、軽部 大著 ~不確実性に満ちた企てをどう正当化するか

評者 中沢孝夫 福井県立大学地域経済研究所所長

 本書は、優れた技術革新に与えられる大河内賞の中から23の事例を選び、「アイデアの創出、要素技術の開発着手から始まって、製品開発を経て、事業化に至る」までの「一連のイノベーション(経済成果をもたらす革新)のプロセス」を分析した力作である。

著者たちによる「アイデア」から「事業」に至る「イノベーション実現の旅」は、「幸運の女神」(協力者、同伴者、支援者)との出会いや、「資源動員」に立ちはだかる「壁」(疑問、批判、抵抗、反対)との遭遇……など波乱に満ちている。

新しい投資を前にして企業は当然、悩む。経営資源に限りがあるからだ。とくに「常識に対する挑戦」への評価はとても難しい。「客観的な(評価)材料」がないからである。それゆえイノベーションの「推進者の固有の理由と組織内外のさまざまな支持者の固有の理由」の出会いが大きな意味を持つ。

たとえば富士写真フイルムのデジタルX線画像診断システムの場合、海外展示会でフィリップスが評価するところから、社内での本格的な「資源動員」が始まっている。あるいはオリンパスの超音波内視鏡は、付き合いのなかった医師による「診断用途の発見」から本格的な「資源動員」に至っている。

それに対して、トップの強い意思(決断)で事業化がすすめられた花王の洗剤(アタック)。最初から社内の合意・支持があった京セラのエコシス・プリンタ。またセイコーエプソンの高精細インクジェットプリンタなど、「壁」のなかった事例もある。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。