創刊5年で27万部のイケイケ新聞があった

バイラルっぽい新聞紙「i」が英で人気

新聞「i」の表紙

2010年に紙媒体の新聞を創刊するなんて、無謀なことだと思ったことだろう。

イギリスのインデペンデント(Independent News & Media)社が5年前に創刊した、長文を好まない読者向けのお手軽版スピンオフ紙「i」(通称「インディ」)は、イギリスで現在もっとも急成長している「紙の新聞」だ。しかも、インディペンデント社の赤字削減にも貢献しているという。

部数公査機構(ABC)によれば、「i」の発行部数は27万6000部。いまや部数でいえば「テレグラフ」や「タイムズ」に次いでイギリス国内第3位の「高級紙」だ。この数字は「フィナンシャル・タイムズ」(20万8000部)や「ガーディアン」(17万部)を上回っている。

安価にわかりやすくで、赤字を解消

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

昨年発足した同紙のデジタル版「i100」は、9月に230万ユーザーを突破(comScore調べ)。本家「インデペンデント」の1600万ユーザーには遠く及ばないものの、順調に成長している。

「i」紙とサイト「i100」の成功のおかげで、インデペンデント社の見通しも明るくなった。「i」編集者オリヴァー・ダフ氏によると、インデペンデント社の赤字は、2010年度に2350万ポンド(約43億円)もあったが、「i」と「i100」が生み出す収益により、いまでは赤字がほぼゼロにまで解消したという。

「i」と「i100」の成長の秘訣は、低コスト戦略、わかりやすい記事、そしてネイティブアドだ。「i」は、経費を最小限に抑えつつ、「インデペンデント」紙のジャーナリズムを再構成。時間に追われる現代の読者のため、安価で(価格は20ペンス[約37円]。一方の「インデペンデント」紙は1.2ポンド[約223円])わかりやすい新聞としてスタートした。

TOPページを廃止した、斬新なサイト

「i100」のWebサイトに関しては、トップページを廃止。サイトURL「http://i100.independent.co.uk/」を訪れると、自動的に最新記事の個別ページへリダイレクトされるという斬新なスタイルを選んだ。それが功を奏したと、同紙ニュース編集者のマシュー・チャンピオン氏は言う。サイトのトップページの存在感が薄れる一方で、ソーシャルメディアという「脇道」から個別のニュースにたどり着く読者が増えている現状に対応したものだ。

次ページどのようなサイトなのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。