全高校/東大・京大合格者数ランキング--東大は開成が31連覇、名門公立の復活顕著

 

 

大学通信 情報調査・編集部ゼネラルマネージャー 安田賢治

 

すべての高校を含めた東大・京大合格者数ランキングを掲載した。東大合格者ランキングはほとんどが中高一貫校、京大合格者も上位4校をはじめかなりの数に上っていることがわかる。

31年連続トップの開成は、定期テストで出題された国語の問題が東大入試で出題された幸運もあって、合格者を31人増やし1998年以来14年ぶりに200人台に乗った。

このほか、10位の渋谷教育学園幕張が15人増、11位の海城が14人増、25位の豊島岡女子学園が12人増、13位の巣鴨が11人増、37位の高田が10人増だ。豊島岡女子学園は初めて女子御三家の1つ、女子学院を抜く合格者数となった。

公立では17位の千葉・県立が12人増、34位の湘南が11人増、14位の浦和・県立が10人増で、かつて東大合格者数ランキングのベスト10に入っていた首都圏の名門公立校の復活が顕著だ。

一方、京大ではトップは22年連続で洛南。中でも公立の堀川が22人増と、伸びが顕著となっている。


※次ページ以降にランキング表を掲載

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。