800人規模で合格者を出す洛南、桐蔭、桐光

全国中高一貫校/大学上位校合格者数ランキング・トップ100

 

 

大学通信 情報調査・編集部ゼネラルマネージャー 安田賢治

 

「上位校合格者数」では、表に出てくる「東大・京大」「国公立大医学部」「難関国立大」「早慶」「MARCH」「関関同立」(具体的な大学名は末ページの表の見方を参照)を大学上位校と定義し、その合計を合格者数が多い順に並べた。一貫校が、そうした上位大学にどれだけの生徒を合格させられるかの指標として見てもらいたい。

上位はマンモス校 早慶に強い海城

トップは京都の洛南で890人。2位は神奈川の桐蔭学園で880人、以下、3位桐光学園の875人、4位海城(791人)、5位清風(754人)、6位市川(735人)と続く。こちらは、首都圏の一貫校が多くランクインしている。

この、「大学上位校合格者数」は人数の多い順に並べているため、生徒数の多いマンモス一貫校には有利に働く。上位10校中8校までが、卒業生数400人以上の学校ばかりだ。

また、どこのグループに合格者が多いかを見ると、上位校ではMARCHや関関同立に合格者が多い中、4位の海城は早慶に375人、MARCHに279人と、早慶に強い結果となった。

※次ページ以降にランキング表を掲載

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。