三菱UFJグループ、郵政上場で示した"新境地"

銀行窓口の株式販売で長期保有を拡大

日本郵政グループの上場株式の販売で注目を集めた三菱東京UFJ銀行(撮影:今井康一)

11月4日に上場した日本郵政グループの株式販売手法をめぐって、三菱UFJグループ(MUFG)が業界の注目を集めている。

日本郵政グループ3社の株式売り出しはきわめて順調だった。なかでも、MUFG傘下の三菱東京UFJ銀行が、窓口で株式を販売する「証券仲介モデル」が高い実績を上げたからだ。

三菱東京UFJ銀行での株式販売は過去最高を記録

同じ、MUFG傘下の三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、郵政グループ上場のグローバル・コーディネーター4社の一角を務めている。主幹事としては野村証券と並ぶ、24.98%と最高水準の引き受けシェアを担った。

金額に直すと、3000億円だが、そのうちの1200億円は三菱東京UFJ銀行を窓口とする証券仲介モデルで販売された。

MUFGはこれまでも新規上場銘柄の販売では証券仲介モデルを活用してきた。たとえば、JAL、サントリー食品、リクルートなど、大型銘柄の新規公開がそうだった。こうした案件を通じて、MUFGは銀行の窓口を活用した、証券仲介モデルの有効性に手応えを感じていた。

MUFGは今年度から開始した中期経営計画でも、証券仲介モデルについて、販売目標を1000億円と設定している。ただ、過去に手掛けた大型案件でも、証券仲介の実績は最高で100億円程度に過ぎなかった。

次ページ銀行の窓口販売が長期保有を生み出す
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。