歩み寄った台湾総統、波紋呼ぶ「1つの中国」

交錯する中台の思惑はどこへ向かうのか

シンガポールで開かれた中台首脳会談。右手前が中国の習主席、左手前が台湾の馬総統(写真:新華社/アフロ)

馬英九による馬英九のための会談──。11月7日にシンガポールで行われた初の中台首脳会談は、この程度の評価になりそうだ。

台湾の馬英九総統にとっては、非常に満足のいく会談だっただろう。1時間の会談後に開いた記者会見でも終始、上機嫌だった。中国トップとの会談は彼の執念であり、2008年の総統就任前から何度も対話を呼びかけていた。

中国側が受け入れた理由

中国の習近平国家主席にも、馬総統の執念を受け入れる素地はあった。「92共識(92コンセンサス)」である。

これは「1つの中国、各自解釈」とされ、中台を「1つの中国と認識し、その認識は自分たちの解釈に任せる」というものだ。1992年、中台交流窓口機関の実務者同士が初めて香港で会った際、口頭で合意したとされる。

台湾の分離・独立を絶対に認めない中国は、李登輝、陳水扁の両総統時代に打ち出された、「台湾は中国と別」という趣旨の発言に対し反発。中台対話が断絶した過去がある。だからこそ、92共識にある「1つの中国」という文言に飛びついた。

台湾政府が発表した会談記録の中には「92共識」という単語が何回も現れ、習主席も「1つの中国」とはっきり言及している。「世界に向けて『92共識は1つの中国を認めるもの』としてアピールされた。中国にとっては、これが最大の収穫だろう」(中華経済研究院の張栄豊研究員)。

次ページ台湾での評価はイマイチ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。