モデル業界は「美しい=痩せすぎ」を脱せるか

3つの死で、変わり始めた「不健全な基準」

「細いことは美しい」。この基準が絶対的なものでなくなりつつあるようです

総合格闘技の女子選手ロンダ・ラウジーをご存知だろうか。

あまりの圧倒的な強さのため、カード編成に支障が出るほどの選手である。どのような体勢からでも必ず極まる腕十字固めは、いまだに誰も攻略していない。そんなロンダだが、彼女は最近ではモデル業をこなすようになった。そしてロンダに限らず、競技で名を馳せた女性アスリートがモデルを始めるということは珍しくなくなっている。

一昔前ならばそういうことをやれば、ゴシップ誌で「あの◯◯選手が脱いだ!」と取りざたされたものだが。今ではオリンピックに出場する選手すらも、雑誌の中で水着姿になっている。

「痩せすぎモデル」が締め出される日

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

そうした流れは、各地のミスコンにも波及しているらしい。というのも、何かしらのスポーツ経験者を優勝させるという大会がここのところ目立つようになってきたからだ。それも「これを少しだけやってました」というレベルではなく、誰しもがフィジカルエリートと認めるだけの実績を持つ者である。

要するに顔形の美しさや体型の細さといった基準が、絶対的なものでなくなっているということだ。むしろ、今のモデル業界は「細いことは美しい」という従来の基準をどうにか振り落とそうとしている。

今年4月、フランスの下院議会でこんな法案が成立した。

モデルのBMI値(体格指数)制限に関する法案だ。あまりに痩せすぎているモデルはショーに出ることを禁止し、所属事務所にも罰則を課すというものである。これに対しフランスの業界団体は反対声明を出したが、正直この問題に関するモデル事務所関係者の言葉に説得力はない。

次ページ女性のあこがれ、『サイギャップ』と『ビキニブリッジ』
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。