自宅で作るクラフトビール!夢のマシン登場

味や苦さなど、パーソナライズも可能

クラフトビールが、手軽に家で作れる!

「若者のビール離れ」がまことしやかに囁かれ、『ビール類』の出荷量も長期的に右肩下がりになりつつあるなか、小規模ながら成長を続けている『クラフトビール』。

小さなビール醸造所で職人が丹精込めて造っているビールを指し、その個性的でバリエーション豊かな味わいは着実にファン層を拡大し、飲食店や酒販店で見る機会も多くなっている。

最近では、渋谷で人気の『宇田川カフェ』が手がける『シブヤビール』がクラウドファンディングやさまざまなコラボレーションを通じて話題になるなど、クラフトビールの活躍は個性豊かだ。

そんなクラフトビールが手軽に家で作れるという装置が『Kickstarter』で公開され、こだわりのあるビール好きから熱い支持を集めている。

家の中で作りたての「クラフトビール」を楽しむ

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

こうしたビール造りが盛んなアメリカのビール醸造家協会によると、クラフトビールとは、「小規模で、独立しており、かつ伝統的な醸造所によって作られるもの」と定義されるという。

今回、そんな本場アメリカのワシントン州シアトルに拠点を置くPicoBrew Incが発表したのが『Pico』というマシンだ。

材料キットを使って、5リットル分のビールが作れる

『Pico』は完全オートマチックで、家の中にいながらプロフェッショナルな質のクラフトビールが楽しめる装置。

同社が以前に開発し、特許を取得した『Zymatic』という製品をよりコンパクトにした『Pico』。

世界中のクラフトビールブルワリーが手がけた、『PicoPak』と呼ばれる材料のキットを使って、5リットル分のビールが簡単に作れるということだ。

次ページビールは自分好みにパーソナライズすることも可能
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。