超実践的!大人を唸らせるハーバードの授業

あの有名な「白熱教室」は一断面に過ぎない

ハーバードの授業はなぜ大人たちを唸らせるのか?(写真:筆者撮影)

「コミュニケーションの技とコツ」

「政治家になる!」

「説得術:効果的に人を動かす方法と科学」

上のタイトルは何を示しているかわかるだろうか。「都内で開かれている怪しい自己啓発セミナー?」と思われた人もいるかもしれない。実はハーバードの大学院で開かれている授業の名前だ。

100人以上のノーベル賞受賞者を生み、知のトップを走るハーバード大学。難しい学問を教えているイメージがあるかもしれないが、実践的な教育も売りだ。なかでもその道のプロを育てる大学院(プロフェッショナルスクール)では、最先端の学問を身につけるより、学問をどう生かすかに力を入れている。私が学ぶケネディスクールもそんな大学院のひとつ。

前回記事でも紹介したとおり、筆者の所属する修士課程は学生の平均年齢が38歳。キャリアをさらに発展させたい大人の学び直しの中身が、実務に役立たない机上の空論では話にならない。それでは世界トップの大人の学校は、いったい何を教えているのか。今回は今、ハーバードで大人たちが熱烈に支持する授業を紹介したい。

あの白熱教室で教授が「話さない」ワケ

「おい、お前、偉そうなんだよ!」

こんな怒号が飛びかう授業がある。ケネディスクールで最も人気が高い、ロナルド・ハイフェッツの「リーダーシップを発揮する」だ。

同授業はNHKの人気番組・白熱教室でも取り上げられた。だがNHKの番組はハイフェッツが講義をする短期のワークショップ形式。ケネディススクールで実際に開く“リアル”白熱教室では、ハイフェッツはほぼ講義をしないし話さない。

「授業なのに教えない」とはどういうことか。

次ページモメ始める生徒たち
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。