出光と昭和シェル、「合併」で基本合意

株式の統合比率などは今後調整

 11月12日、出光興産(写真)と昭和シェル石油は、両社が合併方式により経営統合することで基本合意したと発表した。4日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 12日 ロイター] - 出光興産<5019.T>と昭和シェル石油<5002.T>は12日、両社が合併方式により経営統合することで基本合意したと発表した。

両社は今年7月末、経営統合に向けた協議を加速すると公表。2016年10月から17年4月までに統合会社発足を目指すとしている。

株式の統合比率などは今後詰める。出光は16年上期に英蘭石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>から昭和シェル株33.3%を予定通り取得する。

 

 

(浜田健太郎)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。