シュミット元西独首相が死去、通貨ユーロ誕生の道開く

通貨ユーロ誕生の道開く

11月10日、旧西ドイツの首相を務めたヘルムート・シュミット氏が96歳で死去した。ハンブルクで昨年1月撮影(2015年 ロイター/FABIAN BIMMER)

[ベルリン 10日 ロイター] - 旧西ドイツの首相を務めたヘルムート・シュミット氏が10日、死去した。96歳だった。シュミット氏は冷戦さなかの1974─85年に西ドイツ(当時)の首相を務め、ジスカールデスタン仏大統領(当時)とともに欧州通貨制度(EMS)の構築に取り組み、欧州単一通貨ユーロ誕生の道を切り開いた。

メルケル独首相はシュミット氏について、今もその決定が影響力を持ち続ける国際協力の立役者と称賛。

オランド仏大統領は「偉大なドイツの政治家が逝った。かれは、非常に困難なときに国を率い、経済的安定に導いた」と述べ、通貨ユーロが存在するのはシュミット氏のおかげと語った。

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、シュミット氏を「真のヨーロッパ人」であり「洞察力のあるエコノミスト」とたたえた。

*カテゴリーを変更して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。