好決算が下支え、日本株「出遅れ修正」は続く

1万9000~1万9200円前後で下げ渋りか

好業績の中間決算を発表したトヨタ自動車(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

日本株の上昇反転シグナルとして、前々回(10月14日)に「終値1万9200円乗せ」、前回(10月28日)に「3兆円台の商い」とお伝えした。足元はショートカバー(損失限定の買い戻し)等も巻き込み、1万9600円台まで急回復をみせている。この株高はしばらく続くのか。テクニカル面から、ポイントを探ってみた。

ポストプレイによるハットトリック

11月4日、上場初日から郵政グループ3社の買いが優勢となった。時価総額では、売り出し時点の約14兆円から約18兆円に達し、一気に4兆円近くの含み益が発生したことになる。足元の信用取引の買い残の3兆円と比べても郵政グループ3社の含み益の大きさが分かり、日本株の需給改善の一翼を担ったともいえる。

サッカーにたとえるなら、まさに鮮やかなポスト(郵政)プレイが成功。東証1部売買代金の約2割を占め、方向感の乏しかった日本株の突破口を開いた。ビギナー投資家にもベテラン投資家にも買い余力をもたらす、ハットトリック(3社とも含み益)につながったともいえよう。

いったん割安感が薄れた3社の値動きは徐々に沈静していくと思われるが、今回の大型上場はひとまず順調な滑り出しとなった。

次ページ循環物色が予想される
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。