夫婦で真逆の教育方針、「着地点」の見つけ方

年齢や成長に合わせ「タイミング」を計ろう

子供を思う気持ちは同じなのに、食い違ってしまう教育方針……(写真 : Goodluz / PIXTA)

夫婦がもめる要因の1つに、子供の育方針の違いがあります。夫婦ともに、「子供の将来が豊かになるように」と、考えていることは同じであるはずなのに、中には離婚問題にまで話が進んでしまう夫婦もいるのです。

そこで今回は、6000件以上の夫婦問題を解決に導いてきた筆者が、「夫婦喧嘩になりやすい教育方針の違いとけんかの収め方」について、実例を交えてお伝えします。

教育方針が食い違って、毎日けんかが絶えません

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

パート勤務の真里さん(仮名)36歳からのご相談です。

「小学校2年生の息子の教育方針を巡って、夫と意見が食い違っていて毎日けんかが絶えません。

私は、息子が小学生のうちは、宿題や普段の勉強の教え方として、息子が“わからない”と言えば、先に答えを教えて、その後に問題の解き方を教えたり考えさせたりしたいのですが、夫は私のやり方に反対しています。夫は、“何でも直ぐに教えるな”と言います。子供に対しても、“まずは自分で考えろ”と厳しく言い続けるのです」

このような、日常的な学習方法の進め方の違いによる夫婦のズレは多く見受けられます。ひとつ言えることは、夫婦どちらの考え方も「間違ってはいない」ということです。

ご主人が言う、何でも直ぐに教えてしまうよりも、「自分で考えて答えを導き出す」ことのできる人になって欲しいという考えも理解できます。

しかし、ここで考えていただきたいのは、お子さんがまだ小学校2年生だということです。「自分で考えて」ということは、過去にそれなりの経験があってこそ成り立つことなのです。

次ページどちらかが「悪い」と決め付けてはいけない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。